iPhone, Android等のスマートフォン向けアプリ開発などの話題を中心に、時事ネタなどを気の向くままに書いています。
Home
 

電子メールの添付ファイルを保存するAndroidアプリ「アタッチセーバー」をアップデートしました!(Version 1.0.1)




電子メールの添付ファイルを保存するAndroidアプリ「アタッチセーバー」(Attach Saver)をアップデートしました!
無料です!!

「アタッチセーバー」は Google Playストア (旧Android Market) からダウンロード可能です!

「アタッチセーバー」の製品ページはこちら

 – アップデート内容 –

今回のアップデート内容は以下の通りです。

  • 直接起動時のエラーメッセージを変更
  • 不要なパーミッションを削除

– 直接起動時のエラーメッセージを変更 –

「アタッチセーバー」は、メールアプリなどの外部アプリから呼び出されて使用します。そのため、直接起動する事はできません。

しかし、ホーム画面にアイコンがあると起動したくなる人が居る様で、直接起動してエラーメッセージが出るからおかしい!と言う人も出て来ます(笑)
丁度、Amazon Appstoreの審査をする人がそれに当たり、色々な機種で直接起動してエラーが出るのでおかしいとPending(保留(iOSで言うReject))になりました(笑)
審査する人は説明文などは一切読んでくれないみたいですね(笑)

兎に角、エラーメッセージがわかりにくい可能性もありますし、審査する人以外の普通のユーザーであれば更に説明文は読まない可能性が非常に高く、コメント欄が荒れる可能性がありますので、直接起動時のエラーメッセージを詳細な説明付きで出す様にしました。

加えて、Amazon Appstoreは4000文字まで説明文を書けるのですが、これは建前上の文字数であり、最終的にはAmazonが勝手に編集し、350文字程度に大幅に削除されてしまいます。
つまり、説明文は意味が無くなってしまう可能性もあります。

この様にAmazon Appstoreで勝手に短く編集された説明文は、アップデート内容説明文よりも短いという極端な事もあり得るのです。酷いですね。

更に言うとAmazon Appstoreには、数少ない詳細ページとほとんどのアプリが該当する簡易ページが存在します。
どのような基準になっているのか不明ですが、 勝手に説明文は短く編集される簡易ページが基本となり、ごく一部の依怙贔屓されたアプリだけが4000文字書ける説明文をフルに使用してスクリーンショット画像の配置もきちんと考慮して編集された詳細ページが作られます。

Amazonには依怙贔屓しないように言っているのですが、改善されません。酷いですね。

– 不要なパーミッションを削除 –

先のリリース時に不要なパーミッション指定が入っていましたので、削除しました。
勿論、このパーミッション指定は安全なものなので特に問題は無いのですが、普段見慣れないパーミッションですし、指定が少ない方が安心だと思いますので、削除しました。

 – 「アタッチセーバー」 について –

「アタッチセーバー」は、主にメールアプリの添付ファイルの保存を手助けするアプリです。
注意: このアプリは外部アプリ(メールアプリなど)から呼び出されて使用します。そのため、直接起動する事はできません。

Androidのメールアプリの中には添付ファイルを開こうとすると以下のような「完全にお手上げ状態」になってしまい、添付ファイルを見ることができないものもあるかと思います。

  • 添付ファイルを開くことができない
  • 添付ファイルの保存ができない
  • 適当なビューアを開いてくれない

しかし、このアプリを使えば添付ファイルを保存することができるので、上記のようなことを無くすことができます!
※メールアプリが外部アプリにファイルデータを渡す形式に対応している場合のみ。

もちろん、メールアプリ以外からも呼び出された際にも対応している形式のデータであれば保存することができます!

なお、保存した添付ファイルは、NeoFiler などを使用して適当なビューアアプリなどで開く必要があります。

加えて、SDカード内のファイル、フォルダを簡単に管理、編集できる簡易的な機能も提供します!
使える機能は以下の通りです。

  • ファイル、フォルダの各種編集(コピー、移動、名前変更、削除など)
  • ファイル、フォルダの並び替え (名前、最終更新日付、サイズ)
  • Androidにプリインストールされている「メール」の添付ファイルを開く

メールアプリに限らず、ファイルを開く際等にも頻繁にアプリ一覧に表示されますので、必要な時にインストールすると良いでしょう。

主な使用方法は以下の通りです。

  • メールアプリの添付ファイルを保存する(「メール」、「Gmail」など)
  • 外部アプリから渡されたデータを保存する

ほぼすべてのMIMEタイプに対応しているため、他にも色々な使い方ができるでしょう!
※データ受け渡し方式に対応している必要があります。 (例: file://, content://)

対応しているMIMEタイプは以下の通りです。

  • text/*
  • application/*
  • image/*
  • audio/*
  • chemical/*
  • message/*
  • model/*
  • video/*

– コメント欄に記載する内容のお願い –

アプリのコメント欄に質問、要望などの一方通行なコメントを書かないで下さい。
コメント欄に質問、要望などを書かれましても、答える手段がないため、答えられません。
また、必ず見る訳ではありませんので、無意味なコメントになる可能性が高いです。
そのため、質問、要望などなどは直接メール、ブログ、Twitterなどにお願いします。

無料版に関して広告に関する文句コメント、”せこい”コメントは一切不要です。有料版を購入すれば済む話ですので。
また、他アプリの自慢コメント、説教コメントも一切不要です。

 – SkyArts について –

私ども  SkyArts ではAndroid/iOSアプリなどのスマートフォン開発のコンサルティングなどを承っております。
Androidアプリを不正使用から守る為の情報をまとめた電子書籍「Androidアプリ開発者のための不正使用対策」を販売しています。

加えて、私どもの既存アプリ のカスタマイズ開発なども承っております。「このアプリに自社業務向けにこの様な機能を入れたい!」といったご要望にお応えいたします。
ご連絡は メールTwitter などでお気軽にお問い合わせ下さい。

2012/04/03 This post was written by Categories: Android Tagged with:
No comments yet



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

Top