Android, iPhone等のスマートフォン向けアプリ開発などの話題を中心に、時事ネタなどを気の向くままに書いています。
Home
 

Android Marketは3才児でもアプリ買えるの??





5月24日、(Android Marketで使用している決済システムの)Google Checkoutから「注文番号 XXXXXXXXXXのキャンセルのリクエスト」という件名のメールが届きました。

また、「Android Marketからアプリの支払い拒否通知が来た!?」同様の支払い拒否メールが来たのかと思ったのですが、どうも違うようです。

本文には英語で、「このアプリを購入したのは私ではなく、3才児が私の携帯を使って注文したものだからキャンセルさせて欲しい」旨記載されていました。

えっ!? Android Marketは3才児でもアプリ買えるの??

Android Marketでアプリの販売はしていますが、買ったことがないので良く分からないのですが、少なくとも無料アプリはパスワード無しでダウンロードできたはずです。有料アプリも同様なの??

仮にパスワード無しで有料アプリをダウンロードできるとなるとかなり危険な気がしますね。iPhoneの場合は実機で無料アプリでもパスワードを聞かれたはずです。

真偽のほどは別として、兎に角、購入者には購入後24時間以内であればキャンセルできるからすぐにキャンセルする様にと2度メールで送りました。
同時にキャンセルしない場合はそのまま請求する旨を記載しておきました。これは当然の権利ですね。

その後、購入して24時間経過後、キャンセルはしなかった様で、請求対象になりました。

こちらは(一円にもならない)キャンセルの問い合わせ対応はきちんとしたので、問題ないはずですが、上記支払い拒否通知の件といい、気分的にスッキリしないです。
支払い拒否通知の時と同様、今回も訴訟大国のアメリカの方の様なので、最終的にカード払い拒否でもされたならば、また手数料300円をこちらが払わされる事になるかも知れないですから(苦)

Google Checkout自体、実物の取引に使うシステムの様で、Android Marketで販売するアプリの様なデジタルコンテンツ向きでは無いように感じています。
キャンセル依頼が来た場合、キャンセルを認めて返金したとしても該当ユーザーの端末からアプリを強制的に削除できるのかが不明な場合があります。
つまり、販売者自らデジタル窃盗を幇助してしまう可能性があるという事です。

色々問題があるAndroid MarketとGoogle Checkoutですが、Googleには意見、苦情など色々送っています。
ただ、Googleの無視する体質が改善されない限り、システムが改善される可能性はかなり低いですよね(苦)

2010/06/01 13:05追加
Android Market関連の問題などはこちら
カードが使えない時があるとか、内部エラーで販売機会損失など、もう何でもありの世界です(苦)

2010/06/01 This post was written by Categories: AndroidGoogle No comments yet



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

Top