Android, iPhone等のスマートフォン向けアプリ開発などの話題を中心に、時事ネタなどを気の向くままに書いています。
Home
 

笑顔になる音声合成アプリ「SmileTalker」の(iOS/iPadOS版)をアップデートしました!(Version 5.1)





笑顔になる音声合成アプリ「SmileTalker」のiOS版をアップデートしました!

SmileTalker」はAppleのAppStoreから無料でダウンロード可能です。

SmileTalkerの製品ページはこちら


– アップデート内容 –

今回のアップデート内容は以下の通りです。

  • スピーチを音声ファイルとして保存する機能を追加しました!
    ファイル形式は「Apple CoreAudio フォーマット」(拡張子は「caf」)
    保存したファイルはOSにプリインの「ファイル」アプリで管理できます!
  • OSのダークモード使用時の対応を強化しました!
    Popupメニューのタイトルバーに区切り線を追加してメニュー項目との区切りがわかりやすくしました。
    一部の黒いアイコンが見えなくなる問題を修正しました。
  • 画面の上下部でスワイプした際にOSのジェスチャー操作よりもアプリの操作を優先する様に設定を変更しました!
    1回目のスワイプ時にはOSが表示するタブが表示されます。タブが表示されている間に再度スワイプする事でOSの機能が使えます。
    この設定変更をした事により誤操作が減るでしょう! そして、画面下部のボタンの反応が遅い問題が解決します!
  • 使用ライブラリを更新しました。
  • 内部処理を修正しました。


今回の主なアップデート内容は、スピーチ(テキスト読み上げ、音声合成)で読み上げた音声をファイルとして保存する機能を追加です!

音声の保存機能はiOS13で追加された様ですが、Apple社からの不当なビジネス妨害等色々あって追加する機会を失っていました。
今回は、Wrix (超高機能テキストエディタ)に本アプリの機能を追加した為、一緒に音声の保存機能を追加しました!

本アプリはWrix (超高機能テキストエディタ)と違ってファイル管理機能がない為、保存した音声ファイルはOSにプリインの「ファイル」アプリで管理してもらう前提ではありますが、「ファイル」アプリで本アプリのファイル領域に普通にアクセスできると思いますので、問題は無いかと思います。

保存するファイル形式は「Apple CoreAudio フォーマット」(拡張子は「caf」)とApple社独自の形式になりますが、iOS内での再生は普通にできますし、別のファイルフォーマットへの外部変換ツールはすぐに見付かるかと思います。


– コメント欄に記載する内容のお願い –

アプリのコメント欄に質問、要望などの一方通行なコメントを書かないで下さい。
コメント欄に質問、要望などを書かれましても、答える手段がないため、答えられません。
加えて、必ず見る訳ではありませんので、無意味なコメントになる可能性が高いです。
そのため、質問、要望などはヘルプの問い合わせ窓口からお願いします。

2022/05/20 This post was written by Categories: 未分類 No comments yet



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

Top