SkyArts.com

Home > Products > Wrix

Wrix

(for iPhone / iPad)

ライセンス

現在、iOSアプリのダウンロード/アップデート、ライセンスの購入/復元等ができない状態になっております。
アプリを使い続ける場合はアプリ自体を削除しない様にして下さい。そして、作成したファイル自体をバックアップする様にして下さい。
ファイルのバックアップ方法は、「ファイル転送」ページに幾つかの方法が記載されていますので、参考にして下さい。


簡単に経緯をお話します。
Apple社の審査チームが80%以上の高頻度なインチキ仕事を行っていた為、改善要求を出した所、不当にアカウントが削除されました。「サービスに干渉する行為」云々との事。
同時に全てのアプリが削除されました。2018年05月08日の事です。
直ぐに「(Apple社が推している学生、ビジネス、ハンディキャップをお持ちの方等の)ユーザーが困る事」を前面に出して異議申し立てをしましたが、125日間完全無視の不誠実対応の後、「決定は有効」と返事が来ました。Apple社は、「(Apple社が推している学生、ビジネス、ハンディキャップをお持ちの方等の)ユーザーが困る事」よりも「インチキ仕事の隠蔽」を優先した様です。
特にハンディキャップをお持ちの方のユーザーの場合、命に関わる事も有りえるのですが、Apple社はその事よりも「インチキ仕事の隠蔽」の優先度が高い様です。
これにより、少なくとも2019年5月までアカウント再登録とアプリ再配信不可が決定しました。
詳細はこちら(アカウント削除の経緯)にまとめてあります。

その後、アプリの権利を別人に譲渡して配信を試みましたが、Apple社による「著作権侵害」や「脅迫」、「悪意ある遅延行為」により、権利の譲渡先は2ヶ月以上何もできず、理不尽にもアカウントを不当に削除されました。
Apple社は、私どものiOSアプリを不当に支配して権利の譲渡先の権利行使を妨害している為、「著作権侵害」行為を止める様に要求しましたが、無視されました。
トコトンまで不当にビジネスを妨害し、どうしても私どもを「抹殺」したい様です。
詳細はこちら(iOSアプリ配信に関する近況報告)

Apple社のTim Cook CEOに「ユーザーが大変困っている」と直接メールを送りましたが、返事はありません。Apple社は、ユーザーが困っていても関係ない様です。

iOSアプリは、基本的にApple社のAppStore以外での配信が出来ない為、Apple社が妨害行為をしている限り配信はできません。
当然、Apple社の行為は余りにも悪質な為、国家機関には相談しています。
この様な状態の為、「苦情は全てApple社に言って下さい」としか言えません。

上記の様な状態の為、理不尽な対応で妨害行為を繰り返すApple社のApp Storeを使わずにiOSアプリを配信する事を考えています。
何か良いアイデアがありましたならば、ご連絡ください。

App Storeでの配信とは別にApple Developer (Enterprise) Program ライセンスをお持ちの開発者、企業、団体向けにWrix、NeoFiler等のiOSアプリの年間ライセンスを販売しています。ご希望がありましたならば、ご連絡下さい。

現在、Android版Wrix がGoogle Playストアにて無料配信中です! Android版のみの独自の超快適な機能満載です!
完全無料の「Wrix Free」もあります!
「不当にビジネスを妨害されるiOS」から「自由なAndroid」への切り替えは容易にできるかと思います!

注意: バージョン1.5から全ての広告を削除しました!

ライセンスについて
すべての機能は、ライセンスが無い場合でも使用出来る様にしてあります。
しかし、今後の開発やサポートを継続するため、ライセンス料をお支払いいただいております。
開発やサポートは無料ではできませんので、ご理解ください。

ただし、負担を軽減するため、ある程度の機能別のライセンスにしています。
必要な機能のライセンスを購入すれば最小限の支払いで済ませることができます。

機能別のライセンスは、時間や期間の制限は設けてありません。
そして、一度購入すればiPhone、iPadの両方で使用することができます。
継続して使用する場合には是非ライセンスを購入してください。

ちなみに、開発期間は2年です。

注意: 購入したライセンスを複数の端末で使用する場合は、同じユーザーIDで使用してください。
端末を初期化した場合、別の端末でのライセンスを共有する場合は「ライセンス管理」画面にて「ライセンスの復元」を行ってください。


ライセンスが無い時の制限事項

ライセンスがない場合、機能のいくつかが制限されます。(時間制限有りの無料ライセンスが切れた場合も同様)
なお、編集したテキスト、ファイルは制限がかかっていても使用することはできます。
ただし、制限がかかるため、少し手間がかかる様になります。

制限事項は以下の通りです。
これらの制限事項は今後、変更される可能性があります。

  • やり直し/元に戻すの回数(1回)
  • カット/コピー/ペーストの回数(1回)
  • 送る/インポート/エクスポートの回数(1回)
  • ドキュメント数(2ドキュメント)
  • ドキュメント関連の回数(開く/保存)(1回)
  • 文字変換機能の回数(1回)
  • 検索/置き換えの回数(1回)
  • 使用できるテキストを挿入の回数(1回)
  • 使用できる行マークの数(1マーク)
  • 選択モードの回数(1回)
  • ドラッグ&ドロップの回数(1回)
  • 音声入力補助バーの回数(1回)
  • アプリ・アイコン変更機能
  • ページ機能の回数(1回)
  • アウトライン機能の回数(1回)
  • チェックマーク機能の回数(1回)(テキストエディタ)
  • キーマクロの記録できるコマンド数(3コマンド)
  • キーマクロを実行できる回数(1回)
  • 複数ファイル検索の回数(1回)
  • Dropbox v2関連機能の回数(1回)
  • Google Drive関連機能の回数(1回)
  • OneDrive関連機能の回数(1回)
  • Markdown関連機能の回数(1回)


無料で回数制限をクリアする方法

ライセンスがない場合の回数制限は、以下の方法で無料でクリアする事ができます。
※ドキュメント数、テキストを挿入の数、行マークの数、キーマクロの記録できるコマンド数は対象外です。
  • 規定の時間待つ
手間を考えるとライセンスを購入された方が好ましいかと思います。開発は無料では出来ませんので、ご協力をお願いします。


サブスクリプション・ライセンス一覧

一定期間の間、すべての制限が解除されるライセンスです。
※ 購入済みの既存の個別ライセンスに関しましては、現時点では該当の機能に制限をかける予定はありませんが、アプリの継続開発やメンテナンスにはとてもお金がかかる為、1年以上使用されている方はサブスクリプション・ライセンスを購入してご協力頂けるととても助かります。余りご協力が頂けない場合、ライセンスが必要な制限を増やす等、開発を継続する為に仕方なく何らかの施策を行う可能性もあります。
※ 今後追加される新機能に関しましては、既存の個別ライセンスの購入/未購入に関わらず、サブスクリプション・ライセンスが必要になる予定です。(まだまだ新機能を追加する予定があります。)
※ iOSアプリは、「一度作って終わり」ではなく、毎年数回あるOSのバージョンアップ時の対応が必要になります。年中何かしらメンテナンスを行っており、その分お金がかかりますので、ご理解頂きます様お願いします。

※ 自動更新を止めるには、次回課金(1ヶ月後など)の24時間前までに解約を行う必要があります。
※ 解約するには、以下の方法があります。

  • 「設定」アプリのApp Store設定から行う。
  • iTunesから行う。
  • 「ライセンス管理」画面の「サブスクリプションの管理」を選択した際に開くWebページから行う。

名前 価格 詳細
サブスクリプション 1ヶ月
月額 300円

すべての制限が1ヶ月間解除されます。
※ このライセンスは、継続的に1ヶ月後に自動更新され、その都度課金が発生します。
※ 1日10円程度の価格です。

サブスクリプション 1ヶ月 (SP)
月額 200円

すべての制限が1ヶ月間解除されます。
※ このライセンスは、継続的に1ヶ月後に自動更新され、その都度課金が発生します。
※ 1日6.66円程度の価格です。
※ 「基本パック」ライセンスと「プラスパック」ライセンスの両方を購入した方向けの特別価格ライセンスです。

サブスクリプションが必要な機能

  • Markdown関連機能

注意

  • お支払いはiTunesアカウントに請求されます。
  • 現在の期間が終了する少なくとも24時間前に自動更新がオフになっていない限り、登録は自動的に更新されます。
  • アカウントには、現在の期間が終了する前の24時間以内に更新が請求され、更新の費用が識別されます。
  • 購読はユーザーによって管理され、購入後にユーザーのアカウント設定に移動すると自動更新がオフになることがあります。
  • 無料試用期間の未使用部分は、ユーザーが該当する場合は、その出版物の購読を購入すると失効します。


機能別ライセンス一覧

基本的に解除される機能の重複はありませんので、最初に「基本パック」を購入した後に他のライセンスの購入を考慮してみて下さい。
Appleが提供するUI部品を貼り付けただけの管理テキスト編集アプリとは違う圧倒的に超快適なテキスト編集環境を使えるのです!
その様な超快適な環境が、(基本とプラスだけを購入した場合) 1年使えば1ヶ月100円位になります! それでも高いと言えますか?(笑)
注意: 今後追加される新機能に関しましては、サブスクリプション・ライセンスが必要になる予定です。

名前 価格 詳細
基本パック
600円

以下の制限が解除されます。

  • やり直し/元に戻すの回数
  • カット/コピー/ペーストの回数
  • 送る/インポート/エクスポートの回数
  • ドキュメント数
  • ドキュメント関連の回数(開く/保存)
プラス機能パック
600円

以下の制限が解除されます。

  • 検索/置き換えの回数
  • 文字変換機能の回数
  • 使用できるテキストを挿入の回数
  • 使用できる行マークの数
  • 選択モードの回数
  • ドラッグ&ドロップの回数
  • 音声入力補助バーの回数
  • アプリ・アイコン変更機能
ページ・パック
500円

以下の制限が解除されます。

  • ページ機能の回数(テキストエディタ)
    • 一覧からのカーソル移動
    • 前のページへ移動、次のページへ移動
アウトライン・パック
500円

以下の制限が解除されます。

  • アウトライン機能の回数(テキストエディタ)
    • 一覧からのカーソル移動
    • 一覧からの範囲選択
    • アウトラインマーク挿入
    • アウトライン編集(新規作成、編集、移動、複製、削除)
チェックマーク・パック(テキストエディタ)<
500円

以下の制限が解除されます。

  • チェックマーク機能の回数(テキストエディタ)
    • 一覧からのカーソル移動
    • 一覧からの範囲選択
    • チェックマーク挿入
    • チェックマーク編集(新規作成、編集、移動、複製、削除)
キーマクロ(テキストエディタ)<
500円

以下の制限が解除されます。

  • キーマクロの記録できるコマンド数
  • キーマクロを実行できる回数
複数ファイル検索(テキストエディタ)
500円

以下の制限が解除されます。

  • 複数ファイル検索の回数
    注意: 検索結果を表示する時に「基本パック」ライセンスが必要になる事があります。
Dropbox v2パック
500円

以下の制限が解除されます。

  • 「Dropbox v2」関連機能: 使用回数。
    • ダウンロード/アップロード
    • 開く/保存(テキストエディタ)
    • Dropboxファイルマネージャー
注意: Dropbox v1は、2017年中に使えなくなります。
※「Dropbox v2」対応の為に全面的に作り直しをしました。その為、無料配布の範囲を超えてしまいましたので、ご理解願います。
Google Driveパック
600円

以下の制限が解除されます。

  • 「Google Drive」関連機能: 使用回数。 (ダウンロード/アップロード/開く/保存とGoogle Driveファイルマネージャー)
    • ダウンロード/アップロード
    • 開く/保存(テキストエディタ)
    • Dropboxファイルマネージャー
OneDriveパック
500円

以下の制限が解除されます。

  • 「OneDrive」関連機能: 使用回数。 (ダウンロード/アップロード/開く/保存とOneDriveファイルマネージャー)
    • ダウンロード/アップロード
    • 開く/保存(テキストエディタ)
    • Dropboxファイルマネージャー

ご意見、ご要望をこちらのアドレスまでお寄せください。
Copyright(C) 1997-2018 SkyArts.com. All Rights Reserved.