SkyArts.com

Home > Products > SmileTalker

SmileTalker

(for Android)

このアプリは、入力された文字を音声として出力させることができます。つまり、あなたのAndroid端末がしゃべります!
きっと楽しすぎて笑顔になる事でしょう!

言語、ピッチ、レートを変更して音声を出力させることもできます。
さらに、読み上げ音声をファイルとして出力することができます。

Google Playストア(Android Market) で販売中です!!
マーケットアプリでのアクセスはこちら

無料版の SmileTalker Free もダウンロード可能です!
マーケットアプリでのアクセスはこちら

日本語対応なので、日本語環境で使用すれば各種表示や説明は日本語で表示されます。
Android 1.6以上の端末で動作します。

 

- サンプル音声 -

※これらのサンプル音声は基本機能の音声のファイル出力機能で作成されたものです。


- 使い方 -

画面上部の文字入力フィールドに文字を入力し、「読み上げ」ボタンを押せば読み上げを開始します。
読み上げ中に押すと読み上げを停止します。

「クリア」ボタンは入力した文字をクリアします。

「保存」ボタンは、読み上げ音声をファイルとしてSDカード内に保存します。
保存形式はWave形式。
保存場所は「/sdcard/skyarts.com/SmileTalker/」の下です。

「レート」スライダーは、読み上げのレートを調整できます。

「ピッチ」スライダーは、読み上げのピッチを調整できます。

「言語設定」メニューは、読み上げる言語を変更できます。

 

- 楽しみ方 -

普通に文章を打ち込んで読み上げさせるだけでも楽しいですが、日頃言いづらいことを代わりに言わせてみたり、保存した音声ファイルをメールで送って告白してみる、という使い方はいかが?(笑)

 

- 読み上げ可能言語 -

読み上げができる言語は以下の通りです。

 

- 日本語の扱いについて -

日本語の読み上げには対応していません。
しかし、ローマ字を入力することで、海外の人が話す日本語風に読み上げさせることができます。
※言語を英語以外にすると良いかも知れません。スペイン語が一番素直かも知れません。

さまざまな言葉を読み上げさせて新たな楽しみ方を開発してみて下さい。

英語指定の場合、普通のローマ字を入力しても似たような英単語があるとその様に発音されてしまいます。
例: 「み」を発音させたい時に普通のローマ字の「mi」とした場合、「まい」と発音されてしまいます。そのため、英語発音で似ている単語である「me」を入力します。
この様に少し特殊なローマ字を入力させる必要はあります。しかし、サンプル音声の様に片言日本語ではありますが、それなりに読み上げることは 可能です。

 

- 初期設定 -

文字の読み上げにはAndroidのスピーチエンジンを使用しています。そのため、古い端末などでは特別なデータ(SpeechSynthesis Data)を別途用意する必要がある場合があります。
もし必要なデータが無い場合は、このアプリ起動時に開くGoogle Play Store(Android Market)のページからダウンロードしてSDカードに保存しておいて下さい。

必要データの有無をAndroidの設定画面で確認する場合、「設定」>「テキスト読み上げ」の「音声データをインストール」項目が無効になっていればインストールされています。
有効の場合はタップしてインストールして下さい。

 

- スクリーンショット -
※日本語環境では日本語で表示されます。

 

ご意見、ご要望をこちらのアドレスまでお寄せください。
Copyright(C) 1997-2012 SkyArts.com. All Rights Reserved.